水素はこうすれば効果的

今まで水素はどうやれば身体の中に吸収率が上がるのかを実験された結果があります。

①水素水といった水に溶かして飲む。
②点滴に水素を混ぜて血管に流し込む。
③人工透析で血液を取り出して水素を血液に直接混ぜて戻す。
④水素ガスを口からの吸いこむ。
⑤水素ガスを鼻から吸引する。

一番水素を吸収できなかった方法はどれでしょうか?

できるではなくてできない。

実は
①、④

水素水と水素ガスを口から吸うという方法。

まったく体内の水素量が変わらなった。

違うメーカーで口から吸う方法のモノがありますが、じつはほとんど無意味です。

では、

②点滴、③人工透析のように直接血液に流し込む方法か
⑤鼻からの吸引

どちらが吸収がよかったでしょうか?

img_79701c8a84530b95b6130a1cd749dabf47586

実は一緒だった、人によっては⑤の方が吸収率が良かった場合もある。

わざわざ肌に針を打たなくても吸収できます。

医療機関に行かなくても痛い思いをしなくても一番安全な方法で一番吸収できます。

結果、鼻からの吸収が一番安全で効率がいい。

これは鼻の奥にたくさんの毛細血管が密度に固まった箇所があるからです。

私が鼻うがいを勧めている理由でもあります。

鼻うがいを勧めています。

当院は一番効果的で安全な方法をお勧めしております。

・どうして水素は効果がないと言われるか?

水素は実は取り込むだけではダメなんです。

指先に1ppm(ppm=量)残っていないといけません。

たった1?と思われるかもしれませんがこれがとても難しい。

ほとんどの機器が残らないどころか体内に入っていない事実。

水素水では胃の中には入りますが、血液中に入るのに足りません。

ちゃんと指先まで届いているということが大切です。

当院で使っている機器はちゃんと検査し届いていることを確認しています。

呼気
血液
唾液
尿

検査を行い体内へ水素が入っていることを実証しています。

・私が協力した水素の治験について

水素ガス吸引の前後で呼気中、血液中の水素量が増えるかどうか

日本でも数台しかない精密検査機器での治験でした。

水素を吸う前に残留呼気に含まれる水素量と吸った後の水素量を計測します。

残留呼気とは息を吹き切った後に残る空気

結果、100ppm以上増えて計測できました。

水素ガスを吸うことで気管支、肺にまで水素が届くことを確認。

血液中の水素量も同じく計測しました。

血液には吸ってから30分経ってから水素量が測定できるという面白い結果も♪

別の治験内容

『ガンの原因とされる身体の酸化と水素ガス吸引での改善』

通常の状態を見るために血液・唾液・尿検査を行い、その日に会食で大量の肉食と飲酒を行いました。

次の日に最初に再び血液・唾液・尿検査を行い血液の酸化を確認。

1時間の水素ガス吸引後にもう一度検査。

結果

肉食、飲酒で身体の酸化がみられ、1時間の水素ガス吸引で弱アルカリ性へ戻ることが確認されました。

・癌は身体を酸化させる

癌細胞は身体の糖質を分解し、活性酸素を出します。

活性酸素は身体を消毒・殺菌するものと、身体を痛めつけていくものがあります。

活性酸素が増えると身体が酸化していきます。

酸化すると毛細血管が消えていき体温が下がり、免疫力が下がり癌が喜ぶ体へとなります。

142511607 - medical treatment cell bacteria background

活性酸素を対処して身体の酸化を改善できれば癌細胞を増やすことを抑えれる可能性が出ます。

この治験で大切なことは酸性をアルカリ性に変えれるということで抗酸化能力がしっかりと確認できたところです。

酸化って何さ?

・パーキンソン病に効果があった水素

パーキンソン病の患者は身体が常に緊張し、自分でリラックス状態が作れません。

脳のドーパミンの作用により、筋肉の振戦、硬直が起こりやすくなります。

パーキンソン患者に水素ガスを吸引させると症状が緩和したという結果があります。

最初は水素が脳に届いて作用していると言われていました。

実際は、水素を吸うと胃の中に唾液を出すホルモンが出ます。

唾液が出るとリラックスするホルモンが脳から出てドーパミンに作用するということが分かってきています。

唾液が出ること自体が身体がリラックスできるということです。

・心臓疾患の不都合な真実

20688446_s

心臓の疾患、ステント手術を行った患者の予後はどうでしょう?

予後不良6割を超え、術後の死亡が2割

手術で血流が改善するはずなのになぜこんな結果になってるなんて。

ステントでいくら太い血管の血流を改善しても術後は身体の酸化が一気に進みます。

そこに術後は高濃度の酸素吸引を行います。

高濃度の酸素を吸うことでより酸化が進んでしまいます。

心臓の機能を維持しているのは実は太い血管よりも毛細血管だということが分かっています。

いくら太い血管の血流を改善しても毛細血管が機能していないと栄養がいきません。

例えば、道路でも主要道路の車線を増やしても渋滞しては抜けられません。

そこに細い横道がたくさんあると渋滞を回避できますよね?

細い横道が毛細血管だと思ってください。

抜け道を作ってやる、改善する方が身体にとっては大切です。

実際、患者さまで心筋肥大の症状で入退院を繰り返していた方に水素吸引を6カ月行ってもらいました。

入院中から始めて、退院してからも吸ってもらい今では運動の許可まで頂きました。

高濃度の酸素を吸うと身体は○○してしまう!

・妊娠に本当に大切なモノ

Fetus in womb vector

不妊治療に通っている方がかなり増えています。

現代医学は妊娠についてどこまでわかっているでしょうか?

実際は妊娠から出産までの過程は医学的にも科学的にもほとんどわかっていません。

なぜ、受精するのか?

例えば、受精卵の着床は受精卵が胎盤にドリルのように穴を開けて合体します。

なぜ、それが可能なのか?

身体が拒否反応を起こさずに受精卵だけ受け入れるのか?

分かっていません。

それが分からないのに、現代では不妊治療が増えています。

ただ、1つ分かってきたのが胎盤の厚さの大切さ

胎盤がしっかりと厚みがないと着床しにくいことが分かっています。

胎盤自体は毛細血管の塊なので毛細血管がしっかりと再生しないと着床はしにくくなります。

患者さまで着床障害、無排卵と言われた女性に2か月吸ってもらいました。

人工授精も行って今では3000gを超える赤ちゃんを出産されています。

不妊と言われたあの子は今

・脳に水素は効果的

水素ガス吸引を軽度の認知症患者さんに行うと症状が改善する例があります。

薬をいくら飲んでも効かなかった、薬の量が増えていた方。

最初に、脳は血液脳関門というゲートで守られています。

これに守られているおかげでウイルス等の感染から脳を守れるのです。

しかし、サプリメントや薬なども入れなくなっています。

Neurology Research

そこで水素ガス吸引を行うと認知症の症状が改善されました。

ずっと座っていた人が自分で洗濯物を取り込むことまで。

水素は一番小さな物質です。

認知症は脳の炎症が絶えず起きていることが多く水素は血液脳関門まで通り抜けて直接炎症部にアタックしてくれます。

脳が炎症を起こしやすいときはストレスが溜まりやすく悪循環になります。

ストレス自体も活性酸素を大量に発生させます。

水素を吸うことでリラックス効果が高まると同時に脳の活性酸素も取り除けます。

・活性酸素が高まる年齢

特に男性は55歳から活性酸素が大量にため込まれるようになります。

成人病になりやすい、鬱が起こりやすくなる年齢

身体に不調が出やすい時期と重なっています。

活性酸素が蓄積されていくことで老化が早まり慢性病や生活習慣病の原因になります。

老化はテロメア細胞というものが無くなっていくことで進みます。

活性酸素はテロメア細胞を傷つけていくことが分かっています。

47847075 - dna

 

 

自己免疫力とは〇〇

自己免疫力についてのマトメ音譜

自己免疫力とは「身体の酸化」を防ぐこと

身体の酸化は酸素を使うことで起きます。

今も呼吸している間にも酸素を吸っていますね?

常にあなたの身体は酸化しています。

酸化って何さ?

・酸化するとどうなるか?

酸化=身体のサビ

身体が酸化すると毛細血管が消えていきます。

身体の90%以上は毛細血管です。

毛細血管消えていくことで内臓や筋肉、体全体に栄養と酸素がいかなくなります。

酸化は酸素を使った後の活性酸素が増えることで起きます。

なんで水素は〇〇に効果があるの?

・活性酸素が増える原因

ストレス、炎症、薬、喫煙、など様々な原因で活性酸素は増えます。

身体がナニカを代謝・消化しようとしたり

身体がナニカから身体を守ろうとしたり

身体が常に緊張していると大量の活性酸素が生まれます。

人間は活性酸素を外に出すことができない。

老化を早める原因も活性酸素です。

ここまで読んだあなたはご理解いただけましたか?

自己免疫力=酸化を防ぐ=活性酸素を外に代謝する。

ということになります。

・活性酸素を外に出す方法

水素はこうすれば効果的

ビタミンC、ビタミンDなどの抗酸化物質を取る。

しかし、それよりも何十倍以上も抗酸化能力がある物質があります。

それが水素

・熱が出ると水素が増える?

人間は白血球の中で水素を作っています。

37度以上に熱が上がると白血球の水素の門が開いて血液の中に水素を出します。

水素によって熱などの炎症を抑える、細菌・ウイルスなどを抑えることが免疫力といわれます。

活性酸素は水素とくっついて外に代謝されます。

血液内の水素量が増えると自己免疫力が上がっていることになります。

・水素の取り方

水素は以前、水素水で有名になりました。

しかし、水素水では十分な量を取ることはできません。

水素ガスを吸引することが一番の吸収方法となります。

水素ガス吸引の機器も今はたくさんありますが、ほとんどが検査をしていない。

大切な血液中の水素濃度を測るということをしていません。

だからこそ当院ではしっかりと治験に参加し、確証を取れたものだけを使用しています。

吸収するのは〇〇の奥

水素って何って思いませんか?

痛みがつづくときには〇〇してはいけない

自己免疫を〇〇させる方法

・大量に酸素を使う脳

Neurology Research
Neurology research concept examining the neurons of a human head to heal memory loss or cells due to dementia and other neurological diseases as a mental health metaphor for medical research hope.

脳という箇所は大量の酸素を使い活性酸素を出しています。

脳の栄養は糖分と言われますがそれ以上に必要なことは酸素

脳には糖分が必要?

そして、脳は毛細血管の集まりでもあります。

血栓などは日常的にできていくものですが、たくさんの小さな道(毛細血管)があるともし1つ血栓でなくなったとしても別の道を通ってくれます。

 

 

 

やっぱりこれが原因

 

今回のコロナで基礎疾患を持っている患者さんが重症化する可能性がすごく高いのはご存知でしょう。

一番高いのが心臓血管・心疾患系、二番目が糖尿病。

やっぱり活性酸素が原因で血管が消えてしまう疾患です。

毛細血管が消えてしまっている症状で、内臓に栄養と酸素が行かない状態の患者さんの重症化がほとんどのようです。

そうなるとウイルスがどうのこうのよりも、身体の酸化を抑えるほうが早い気がします。

高濃度の酸素を吸うと身体は○○してしまう!

以前から書いている抗酸化

身体の酸化を抑える力のことです。

今海外では自宅療養の患者の方が人工呼吸器組よりも回復が良いという結果も出ているそうです。

症状によると思いますが、酸素を送り込みすぎると酸化が進んでしまう。

酸素を吸うことと同じくらい抗酸化も一緒にやらないといけないことがわかっています。

・日ごろから抗酸化を意識して行った方が病気になりにくい

病気になってからどうにかしようとするよりも病気にならない身体を作ることが大切。

予防というのは効果がわかりにくく、どうしても継続しにくいですよね?

でも、少しのことで大きな病気で苦しむことを考えると続ける価値はあると思いませんか?

抗酸化能力がビタミンⅭの176倍の水素は今も私の身体を助けてくれています。

 

.jpg

野球肘は投球過多?

野球肘が問題になっているのはご存知だと思います。

子供の投げすぎ、酷使で肘を壊す。

そして、そうならないように肩肘検査をする。

本当にケガが減るのでしょうか?

では、子供の酷使に厳しいアメリカでなぜ肘の手術が多いのか?

確かに私の友達も子供の時に試合前に1試合分くらい投げさされて「アップや」と言われていたけど、これはやりすぎ。

今は検査が細かすぎないか?

肘を酷使して壊している子供の特徴は
①年齢の割に肩が強い
②球が速い
③正しい投げ方と言って教えられた投げ方でおかしくなった

①、②は「才能のある」と言われる子供ですね、私自身才能がなかったので肘が痛くなってもすぐ良くなったし、出なくてもいい選手だったので痛いと言ったらすぐにベンチにいました。

一番今が肩が良くなってしまうという無意味な時間。

才能があるといわれる子供ほど、使いたくなりますがデリケートに扱ったほうがいいです。

試合で投げなくても自分で練習して投げ込む子供が多い。

うまい子はやっぱり陰で努力しています。

子供には自主性を一番大切にしたほうがいいと思っているので、うまい子ほど監督やコーチが止めるということは必要かもしれません。

しかし、最近行われる肩肘検査自体は私自身はやりすぎの面もあると思う。

本人にケガの可能性があると伝えると精神的ショックが大きい。

もし、できるなら検査結果で要注意が出たら監督、コーチ、指導者に知らせて自粛させることが一番良いかと思います。

高校生になると、甲子園が夢になる。

その場合はつぶれても良いつもりでやっている子供はつぶれてもいいんではないだろうか?

その先に野球をしないなら、それも選択だと思います。

高校生には自分で選択をさせないといけません。

周りが強制したり、押し付けることが一番の足かせになってしまいます。

最近のスポーツの『常識』が変化がすさまじく、常識というものがないのでは?と思っています。

野球だけでも打ち方、投げ方が昔の考え方に戻っているし、悪いと言われていた投げ方でプロで最多勝を取ったり

私の中では、身体に合った投げ方が無意識にできると思うので、無理やり科学的に正しいと思い込んでいる投げ方が一番ダメなのでは?と思い始めています。

人間の本能に任せるのが一番いいかもしれないですね。

痛みやケガを早く治す方法

・ケガをしやすい子の共通点

ケガがしやすい子の共通点

『筋肉が硬い』

これはみなさんよく言われることです。

では、筋肉が子供なのに硬いのでしょう?

考えられる理由は

①筋肉の同じところしか使っていない。
②関節を最大まで使えていない。
③毛細血管が少なくなっているために栄養がいきにくい。

成長期に同じスポーツを専門的にやると運動能力が下がるということが研究で分かっています。

それは同じ筋肉しか使わないことも理由になります。

脳も同じ動作を続けると『慣れ』が起きてきます。

関節が最大まで使えないのはこの『慣れ』が原因です。

楽をしようと効率良く使うことで関節を最大限まで使えません。

毛細血管が少なくなっている子供はアレルギー症状があったり、アトピーの子が多いです。

もともと体内の活性酸素の除去がうまくできないのかもしれません。

早めに対処をしてあげることで子供の成長過程でのケガの防止に役立ちます。

水素で痺れがマシに

1943

友人がひどい事故に合ってしまい痺れが3分に1回のペースでやってくるというので水素をレンタル!

最初に吸ったときに「今、痺れてへんわ!」と言っていたので続けて吸ってもらってるとかなりマシになってきた模様。

リハビリも痺れ感がマシなだけでかなり進みますからね。

頑張って復活じゃ!

今回のコロナ騒動でもう一度考えよう

今回のコロナ騒動はいい機会だと思っている部分があります。

理由は

①今の時代の働き方改革ができるかもしれない。
②薬がない病気に対して免疫力というものを考えるようになる。
③政府や会社がどんなけ安定していないか。

今回のコロナでも早くテレワークなどを実施できた会社は新しい働き方を試作できたのではないでしょうか?

私の仕事はどうしても身体を触ることが仕事になりますのでテレワークは難しい。

ですが、今回このようにあなたに言葉を届ける時間が増えるわけです。

これで、通勤の時間を少なくできるだけでもあなた自身に費やせる時間や家族に費やせる時間が増える。

政府や会社が安定していないのはもともとわかっている方も多いですが、一番みなさんが恐ろしいのは薬がない状態の病気の怖さ。

今重症化されている方はやはり、持病持ちやもともと身体の酸化が進んでいる方という点。

少し考えてみませんか?

なぜ、日本人が糖尿病の透析で日本トップレベル、海外から市販薬を買いに来るのか?

ステロイドの多用化は糖尿病が発生する確率が高まる。

偶然でしょうか?

海外から買いに来るということは法律がゆるゆる。

効果が高いから買いに来るわけではありません。

痛み止めなんてものは本当はカウンセリングが必要なくらい危険なもの、依存しやすいもの。

風邪薬は覚せい剤の素として買われていきます。

そんなものを気軽に手に取っている危険性に今回気づけるのではないでしょうか?

・今回注目された「抗酸化」

今回、抗酸化という言葉をたくさん見たり聞いたりしませんでしたか?

身体が病気になりやすい、調子の悪い状態は「酸化している。」

酸化しにくい体=病気になりにくい

酸化しにくい体細菌・ウイルスへの免疫をつけやすくする

酸化しにくい体は活性酸素を常にどんなけ除去できるかです。

活性酸素が溜まると毛細血管が消えて循環が悪くなる。

すると全身に栄養も酸素もいかなくなる。

ウイルスは特に酸素に弱い。

酸素がいかない身体だと?

ウイルスに負けますね?

.jpg

全てはつながります。

今回気づけたあなたはラッキーです。

対策できるから

トレーニングだけで痛みは取れるか?

私も以前まではトレーニングだけで痛みがマシになると考えていました。

でも、もちろん良くなる人、良くならない人に分かれます。

どうしてだろう?

ちゃんと院内でやったときはうまくいってるのに…。

あるとき「先生、これであってるよね?」

と言われて見せられたトレーニングが全然違った…。

なぜそこにそれが??というくらい違った。

それからどうやっているか他の方にも確認して、毎回改善するように。

しかし、良くなる人と良くならないにやはり分かれる。

img_79701c8a84530b95b6130a1cd749dabf47586

長年悪くなってる体にはトレーニングを受け入れらる時と受け入れられない時がある。

動かさなければいけない身体の位置にしっかりとかからない、かけてはいけない時期がある。

施術期間も詰めてやらなければいけない時期があれば、間を空けないといけない時期もある。

大切なことは『あなたの身体の変化に合わせる』

トレーニングの強さではなくて、合わせてる大切さ。

その中で血管が再生をさせていく

普通のトレーニングだけでは血管は再生しません。

血管がないから動かせないんです。

・変化のときで大切なことは

関節は何回動かせばいい状態になると思いますか?

10回?
100回?

実は1回動かすのと何十回動かすのも同じ改善率です。

でも、〇〇まで動かすことが大切。

〇〇って?

なんだと思いますか?

たった1回で十分なんです。

何回も何十分もストレッチしなくても実は十分なんです。

その〇〇とは?

限界まで動かすこと!

限界ギリギリまで動かなさないと動きは改善しません。

30回のストレッチよりも限界まで動かすこと!

ステロイドは何のために使う

ステロイドのはどうして効くのか?

わかっていません、何故か効く薬。

魔法の薬ともいわれています。

なんでかわからないけど何にでも効果がある。

だから簡単に処方されてしまう。

しかし、ステロイドを長期間使用すると問題があります。

糖尿病、骨粗しょう症、クッシング症候群、消化性潰瘍など…。

現代病の生活習慣病に関係するところがありますね。

そのためにNSAID(非ステロイド系を)を最近では多く使用します。

こちらも消化管出血や、今回のコロナのようなウイルス性の症状だと悪化させてしまうことがあります。

私は痛み止めや解熱剤の使用は気を付けたほうが良いと思っています。

痛み止めは寝れないほどや少し動くだけでも痛くて我慢できないほどの痛みがある場合は使ったほうが良いですがそうでない場合は未来を考えるとなるべく使わない方が良いです。

解熱剤も今回のコロナで市販薬を使用しないように注意がありました。

私は患者さんに解熱剤、特に市販薬の使用は気を付けた方が良いと伝えていましたが、理解してもらえたと思います。

私自身は40度の熱でも解熱剤は使いません。

熱が高くなると自分の体の中の免疫を上げて細菌やウイルスを殺そうと頑張ってくれているからです。

39度程度までは少し我慢してみるほうが良いのではないでしょうか?

体温が35度台になるとガンの発生率が上がるともいわれています。

活性酸素が溜まると血管が消えて体温が下がっていき悪循環になっていきます。

血流が最大最後の問題

・薬を使うと自分の身体も攻撃する?

自分の身体には身体を守る細菌もたくさんいます。

薬は選択して殺すことはできないので身体を守っている細菌まで殺してしまいます。

すると、その細菌がもう一度定着するまでバリアのない無防備な状態になります。

その時に感染する方が私は恐ろしい…。

あきら接骨院は副作用なく、身体を予防、改善できる方法を使っています。

また一度ご相談ください

800円からの再生療法

ヒアルロン酸の真実

整形外科でヒアルロン酸注射を膝に打っていませんか?

まず、ヒアルロン酸を打ったら膝が痛くなくなるという根拠はありません。

効果があるかどうかは打ってみないとわからないからです。

もし、あなたがヒアルロン酸を何十回も打っているなら効果はありません。

一応、効果があるかどうかの線引きがあります。

5~7回打って効果がなければいい結果はありません。

ヒアルロン酸でもなんでも注射するということは外部から菌などが侵入する隙をどうしても与えてしまう、打つと炎症を起こしやすくなるという点で私はあまりお勧めしていません。

そしてヒアルロン酸は今では軟骨成分でもありません。

軟骨は回復するまで120年と言われています。

もう人間死んでます。

軟骨を回復させる〇〇ℚ10などのCMはありえませんね。

最近は軟骨成分、細胞を回復させる成分で注目されているのはプロテオグリガンです。

サケの頭に多く含まれており、細胞修復させる能力があります。

クマが冬眠前にサケの頭だけを食べていくのはプロテオグリガンを摂取するためだと言われています。

Male and knee pain

・コエンザイムℚ10の効果って?

コエンザイムℚ10にも抗酸化能力があります。

それで身体に元気を感じる、動きやすくなった人が

山歩きをしやすくなった!

また元気になった!

と感じることがあるかもしれません、でも軟骨を再生しているわけではないんです。

水素はコエンザイムℚ10の868倍以上の抗酸化能力があり、血管を再生する能力があります。

コエンザイムℚ10を飲み続けるよりも早く効果的に血管を再生していくことができます。

毛細血管と〇〇の痛み

 

生活習慣病は贅沢病?

生活習慣病、慢性疾患と言われる病気

特に遺伝性ではない糖尿病などは昔は贅沢病だった!

というのも食べものをお腹いっぱい食べれるお金持ちや貴族階級でしかなれなかったですよね。

今コロナの重症化に黒人の比率が多いのも糖尿病の罹患数に比例しています。

黒人というよりも、アメリカの低所得者層のマップと合ってくる。

これはやはり食生活だと言えます。

今でもジャンクフードが主食になっている人は多いようです。

健康保険がなくて医療にかかれないということはあるかもしれませんが、それが肥満につながることはありません。

基本的に肉食の暴飲暴食は身体を酸性にしていきます。(私が治験済み)

酸性になるということは活性酸素が多く発生したり血管が消えてしまっています。

肉食を抑えて暴飲暴食をしないようにすれば生活習慣病というものは罹りにくくなる。

活性酸素を除去していけば生活習慣病の予防になると言えます。

脳梗塞や脳内出血の患者さんには基本的に糖尿病予備軍、糖尿病患者が多数おられます。

ひとつの食生活で命取りの状態にまで追い込まれるので暴飲暴食は気を付けましょう。

POP_base_1108_A3_cs3

・日本は透析世界一?

日本は透析の数が世界一、だといいます。実質は台湾が一位で日本が二位。

これはそれだけ糖尿病患者が多いということでもあり、かなり病院にとってはお得な患者とも言えます。

腎疾患での透析は必要不可欠です。

しかし、糖尿病の場合はまず生活習慣の改善から行った方が患者自身も楽です。

身体の酸性を抑える、活性酸素を除去するために水素は活躍してくれます。

透析に頼る前にやれることをやってみませんか?

糖尿病の透析数が世界一というのはあまり嬉しいことではありませんね♪